読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある書物の備忘録

読書家ほどではない青年が本の感想を書くブログ

門井慶喜

天才たちの値段

26冊目 これも特に理由なく手にとった作品です。 手にとった理由を強いて言うなら、ちょうどいい厚さと、ちょうどいい大きさの本、あとタイトルでしょうかね。 そんな簡単な理由でした。天才たちの値段作者: 門井慶喜出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 200…