読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある書物の備忘録

読書家ほどではない青年が本の感想を書くブログ

かいぞくポケット16 うちゅう人間ケン

35冊目
かいぞくポケットシリーズ十六作品目になります。
特に記述することないので、そのまま感想を書いていきますね。

うちゅう人間ケン (かいぞくポケット 16)

うちゅう人間ケン (かいぞくポケット 16)

ある日突然、海賊の船長になったポケットという子供がいました。手下に三人の大人を使えて、今日も大海原を航海しています。
ある日、手下のポンとケンが、手下のジャンが偶然手に入れたタツノオトシゴを「見たい」と言い出します。お宝はジャンのものであり、ジャンは「やだ」と渋ります。
多少ごたごたと手下三人が話し合っていると、仲間の猫アイコがひょこっと現れて「そのタツノオトシゴ変じゃない?」と言い出します。
アイコの言うことはだいたい当たるので、ジャンはポケットの中からタツノオトシゴを取り出してみようとすると、出した瞬間に突然光ほとばしり電気が走ります。驚いたジャンはそのままタツノオトシゴをとり落としました。
すると快晴だったはすの天気に雨雲立ち込め、大雨が降り風も強くなってくるではありませんか。
突然のことに不安になる手下達ですが、船長ポケットは手下集めて景気つけに体操をしてみます。体操で天候も良くなるわけなく、さらに空からウィーンと音が聞こえてくるなど不気味な異変が起こり始めています。
身近にある異変にまず気がついたのはケンでした。ケンは空の音と同調して唸りを上げるタツノオトシゴがを見つけ、それに気がついたジャンは「気味悪い」と宝を放置して部屋に退散します。
ポンもアイコもみんなタツノオトシゴを気味悪がって部屋に戻っていくのですが、ケンは「なら俺のお宝にする」とタツノオトシゴを手に取ろうとすると、タツノオトシゴは高速に回転し、周りの雨を吹き飛ばしながら飛び上がって消えます。
その異変に気がついたポケットは振り返って見れば、ケンの姿が忽然と消えていたのです。


-----(ネタバレあり)-----



ギョガ星人
ケンが改造? みたいなことをされてこのギョガ星人の一員になっていました。ギョガ星人そのものに関しては、タツノオトシゴ金平糖を半分に割ったような奴などいろいろとよくわからないまま消えてしまいました。
個人的に思うのが、タツノオトシゴがギョガ星人の兵器だったのではないか? ということです。初めで電気を起こしていたり、雨を吹きとばすほどの回転をしてみたり、物語後半あたりでは大群などでてきた様子などからそう思いました。となれば気になるのは、タツノオトシゴの戦闘力でしょうか、呆気無く食べられたのでわかりませんね……。
見せ場ないまま食べられたタツノオトシゴでも、宇宙船から膨らんだ突起物から登場するシーンがありました。もしあれが無限増殖できるならば、それはもうとても大きい力をギョガ星人は持っていたのかもしれません。戦闘は数こそ力だと僕は思っているので。

ビョ76号(これから先は「フクロウ」と表記します)
強キャラ感が出ていましたし、悪いやつ感も十分に出ていましたね。いたずらではなく、悪役という雰囲気がありました。
まぁ唐突に現れて、ポンの料理を「まずい」と言って吐いた後、辞書二冊と図鑑一冊を食べられたなんて、もう事件ですよ。そこまでされたら僕でもフライパン持って叩き落とすぐらいしちゃうかもしれません。それぐらいですよあれは。
そんな登場の仕方をしたフクロウの悪役っぷりを確信させたのは、宇宙人間ジョ38号(金平糖のやつ)を丸呑みするシーンですよね。あれはぎょっとしました。
そんなフクロウ、なにか食べると卵を産み、本は本、ギョガ星人はフクロウに変えてました。タツノオトシゴを食べてフクロウならば、生物と物体と分けて産んでいるのでしょうか。まぁケンを食べ、ケンが生まれてきたのでそこら辺はわかりません。
しかし、フクロウが巨大化ブレイブバードしてくる中で、ジャンの機転によってなんとなってよかった。もう突っ込んでる時フクロウの脳内は「勝ったッ!かいぞくポケット完!」になってたかもしれませんね。

【まとめ】
今巻はおそらく、ギョガ星人とフクロウの宇宙戦争に巻き込まれた話だと思うんですよ。その宇宙戦争となれば、これから地球を滅ぼそうとする二大勢力に巻き込まれながら、仲間一人をよくわからない存在にされてもなお、両勢力の戦力を無力化してなんてもう、ポケット船長はついに地球を救いました。
よくわからない敵に、よくわからない展開と、よくわからないといえばそうですが、わりと王道な展開なんじゃないかと思います。
ところで、フクロウの大群がポケット号に居座る絵ありますよね。あれすごいです、見開きとしてとても良かったです。
とはいえ、絵師さんは一生分のフクロウをここで描いたんじゃないかってぐらいいました。数えてないですけど、たぶん300匹ぐらい登場してるんじゃないでしょうかねぇ……絵師さんすごいです。

宇宙戦争 (偕成社文庫)

宇宙戦争 (偕成社文庫)

広告を非表示にする