読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある書物の備忘録

読書家ほどではない青年が本の感想を書くブログ

ギフテッド

山田宗樹 SF小説

97冊目
異物が生まれはじめた世界、困惑した人類はどこに向かうのか

四半世紀も前のこと、アメリカのミネアポリスに住む13歳の少年が腹痛を訴え、病院で検査を受けました。腹痛の原因は見つかりませんでしたが、その時の検査によって腎臓に張り付いた奇妙な腫瘍を見つけます。その時は腎臓ごと腫瘍が摘出され、更に詳しい調査が進められます。しかし、少なくとも悪質主要ではないことがはっきりした以外何もわかりませんでした。

この腫瘍(機能性腫瘍)はこの少年のきっかけに、世界各地でこの腫瘍(後々それは新たな臓器だとわかってくる)が報告されていきます。誰かが「未知の臓器……これは人類が飛躍的進化の時期に入りつつある証拠だ」など言い出し、機能性腫瘍を持つ子供ら「ギフテッド」と呼びはじめ、世界各地でこのギフテッドを保護する動きが競うように導入されていきます。

主人公の達川颯斗は冴えない小学生です。(小さい時からクラスが同じだった)島村と互角にライバルとして競い合ったのは昔のこと、いまや運動勉強人望など全て島村劣り、颯斗は若くして現実をつきつけられるような少年でした。
そんな颯斗でも多少は友達がいました。しかし、クラスメイトから避けられ始めたのは「冴えない」からだけではないようで、小学六年生の定期検査の結果からになります。颯斗はギフテッドなのでした。
そう周りが気が付いてから颯斗の扱いは変わります。唯一変わらないのは、隣りに座っている佐藤あずさぐらいです。

ここまでは腫れ物扱いで終わるような話だったものの、颯斗を快く思わない人物がクラスにいました。島村です。彼は全て颯斗に全てが全て勝ってきたというのに、ここに来て島村が手に入るはずのない「特異性」を颯斗が持っているとわかったのです。
島村は颯人に対して「化け物」と吐き捨て、クラスの中心人物が颯斗を「化け物」というのだから、颯斗は化け物に決定され、何度かいじめのような仕打ちを始めます。
気弱な颯斗は我慢してきましたが、島村がギフテッドという特異性に妬んでいるのだとあずさから指摘を受け、颯斗はささやかな抵抗を見せます。しかしこの日からしばらく、島村は交通事故に遭います。これは偶発的な事件でしたが、「もしかして颯斗がやったのではないか」という疑念が広がり、島村の友達である竹田が颯斗に詰め寄るのでした。
次第に口が悪くなる竹田に颯斗は大声で否定します。さらに不幸なことに、この瞬間のこと小さな地震が学校を襲いました。
緊迫したクラス、そこに防犯ブザーが鳴り、混乱、クラスメイトは狂乱ながら教室を出ていきます。最後に残ったあずさに気が付くなり颯斗は近づきますが、あずさまでも悲鳴を上げて逃げてしまうのでした。
颯斗は一人ぼっちになります。

かくして颯斗は転校することに決めました。転校先はギフテッドが集まる、ギフテッドしかいない学校です。

佐藤あずさは以降、達川颯斗の行方を知りません。

----(ネタバレあり)----



幼少期の事件
彼らが子供だった頃、いろいろその後の運命を決めたような出来事がありましたよね。
まず思い返されるのは颯斗が「奇跡のギフテッド」となってしまった地震の一件ですよ。
あれがなかったらたぶん、颯斗があれほど怖がられれることもなかっただろうし、あずさの性格が固定されることもなかっただろうし、奇跡のギフテッドなど一目置かれることもなかったでしょう。不思議ですよね、あの地震。作中唯一、なんかよくわからないけど起こっちゃった偶発的な事件だと思います。そう考えると、運命のいたずらみたいな感じがしますよね。
次に思い出されるのは村やんが三階から飛び降りた案件です。
村やんは純粋に「空飛べるはず」など思って飛び降りたそうですが、「無事でよかったな!」の一言に尽きます。普通に死んで終わり、なんてこともありえただろうし、死んだら死んだで物語は大きく変わっていたことでしょう。いやぁ、この行動がやらかしたと捕えるのか、新人類(ギフテッド)の記念すべき功績の一歩と捉えるのか難しいところです。確実に言えるのは「おまえ無茶苦茶だな!」です。

村山が怪しい施設をつくってる
そう、ある意味狂信的なものから一番遠いはず(イメージ)の村やんがそういう事してるとかなんとか同窓会で知ります。
僕はまだ若いから同窓会から人生の差みたいな、あの頃の君から信じられない! みたいなことはまだないのですが、仮に同窓会などで久々に友達と顔を合わせたとき、「あいつなんか始めたみたいだぞ」みたいなこと聞かされてどう思うかな。とか思いました。
物語の彼らは「止めなきゃ…(使命感)」と思い、実際に行動に移しているから彼らの絆の強さを感じさせますよね。僕は、いやぁ、行くだろうかなぁ……。
と、そんな僕のような事を考える人もいなく、彼らは村やんに対する純粋な心配を持ち村やんに接触しています。
かくして施設に行ってみれば、村やんは救世主(とはいってもたまたまそういう風になっただけ)となっていたわけですが、まぁここらへんはかわいいものでしたよね。タケルの心配が当たってしまう展開になる前の形だけの瞑想、形だけの超能力開発はだらだらとする文学系の部活みたいな心地よさがあったと思います。
それだけで終わればよかったんですけどねぇ……。

覚醒
やもやとした緊張感は暴走族によって決定的になります。
テンプル事件など呼ばれる事件が起こり、民間にとって「ギフテッドは危険!」という印象を決定づけてしまいました。不可抗力、正当防衛、あるいは暴走、などいろいろ表現を今となっては思いつきますけど、その悲惨な現場はとてもじゃないですが恐ろしい地獄だったと思います。
ここで冷静に考えたいのは、村やんが彼らを一気に捻って殺した、まではいいですが、その他ギフテッド達をどう瞬間移動させたのかがわかんないんですよね。その他ギフテッドはまだ覚醒してませんでしたし、あの瞬間移動を村やんが一人でとり行なったのだろうか……と思いましたが、もしかしたらアレックスがなんとかしたのかもしれません。
それと、これがきっかけで颯斗など同窓会メンバーも確信します。超能力は現実にあるものだと、たしかこの頃は奇跡のギフテッドこと颯斗はまだ覚醒してませんでした。

それから迫害されるギフテッド
飛躍的進化などもてはやされた一方で、攻撃的な迫害をここらあたりからギフテッドは受けることになります(正しくは妬みなど前々からありましたが)。その迫害っぷりはどんどん酷くなるわけですが、この頃からすでに酷かったと思います。
ギフテッドは人間じゃないみたいな扱いで、それこそどうにかして捕まえてやろうかと「警察」が動くのだからもうどうしようもないですよね。
颯斗も迫害される一人になるわけで、学校の教師だからという名目はもうなくなりかけているほどに、社会の信頼は落ちてしまい、警察の魔の手も同じく伸びていまました。
僕がここらで思ったのは「レコード持てよ」ということです。そういう迫害されていることに対して(警察の不当な事情聴取など)録音しておけばいいのに。みたいな、そんな事思いました。けど気が付いたのは、そういうことをしでかしているのが警察で、仮にそういうレコードを警察に持って行こうがどうしようもないということだけでした。それに瞬間移動したら機材壊れるしね。
でもマスコミに流すぐらいの抵抗はできたんじゃないかな……。まぁ、言うのは簡単です。

佐藤あずさと再会
しましたよね。これ運命的な再会だと思いました。そもそものあずさが颯斗のことを日々多少でも気にかけていた(本人にとっては自戒ですけど)というのと、颯斗も颯斗であずさのことを思って(こちらも自戒みたいなものでしたね)いたのだからもう運命みたいなものです。
この運命的な再会がこれからの展開を大きくしていきます。過去の話を踏まえて「覚醒したギフテッド」をどうやって止めるか、「ギフテッドを迫害する動きはどうやって止めるか」などのこれからの大きな問題が出されてもいました。
この再会が個人的に好きなシーンの一つですね。佐藤あずさが自らを「化物」と表現する颯斗に向かって(好意を持っているのに)特に色気を見せることなく、毅然として「それはない」と言うところが彼女らしく、それでいて「いいな」と思いました。

周りの反応
終始よくなかったですね。異物に対して、異物として過剰に反応するようすのままでした。
僕からしても日々生きている中「これ異常だろ」という叩きなどそういったこと思うような出来事あるわけで、仮に超能力が登場したとしても民間人はこんな反応するのかなぁ、とかぼんやり考えました。とはいっても、僕もこの愚民の一人になるかもしれないわけですよね。そこらへんなんともいえません。
思えばきっかけは村やんが超能力ごっこしていた時のリークから始まりますよね。あの時はまだ噂程度の話だったんでしょうけど、噂を過剰に煽るようなこと書いてしまったわけで、(それを買う人も買う人ですが)民間人の不安を煽ってしまったんですよ。そっとすればよかったものの(そっとしないからこそ解決できた事件もあるのは事実ですが)、いらんことをする彼らは本当にダメですね(直球)。でも、人のこと言えないんですよねぇ。

その男アレック
終始なにかと登場した彼ですが、なにかよからぬことを計画していたみたいです。
妙な噂を流したり、第三の事件である東聖医大病院での事件も元をたどればアレックスが子供送り込んだとあって(正確にはわかりませんが)、ところどころで名前見るたびに「アレックスゥ…!」と、この……! とか思ってました。あいつがすべての黒幕でしょ(偏見)。
村やんは自ら「自分の選択」で動いていると言っているようでしたが、アレックスの入れ智慧があることも確かだと思います。しかし村やんの「自分の選択」もしているのも確かで、なんというか、村やんの信念とアレックスの利害が一致したんでしょうね。とってこんな恐ろしいことをしようと(東京タワーを曲げるなど)したんでしょうね……。
だからこの作中部分に限り悪役は村やんだと考えることができます(殺人の人数多いし、テロ表明らしき「行動」に移しましたし)。が、アレックスも無視できません。颯斗の言う通りアレックスを信用してはならないような気がします。
そう思うと、夏希がアレックスに取り込まれなくてよかったですよね。間一髪で颯斗がなんとかしたわけですが、いろいろギリギリだったのがわかります。危なかったですよ。

ことの結末
東京タワーを捻じ曲げることでギフテッド側の本気度を示し、同窓会側もいろいろあって、互いの(ギフテッドとそれ以外の民間人との)対立が激化していました。頼みの綱だった法案は否決され、結果的に衆議院本会議場を制圧した村やんが「もう一回採決しろ(意訳)」など言っていましたよね。
あの時、というより前から村やんは人を殺そうとするシーンが何度かありました。けれども自らを「テロリスト」と言っておきながら、ちょくじょく慈悲があるように思える行動にとどまっています。
村やんらしいといえばらしいですが、その慈悲のおかげで無駄に手を血に染めない結末になったわけです。結果的には良かったですよ。ギフテッド側からすれば結末として、最悪のパターンでしたからねあれ。村やんいつ殺戮してもおかしくない境遇でしたし。
思うんですけど。これだけ最悪で、周り敵だらけ(議員)の状況だったというのに、ハッタリ一つ(正しくは瞬間移動の特性)で村やんを封じ込めて(おそらく火星)に飛び去るという、「無力化」を達成した颯斗はすごいですよね。もう正真正銘の奇跡のギフテッドですよ。

これからのギフテッド
なにか含みのある終わり方になっています。
あの反応からして火星に移住、おそらくテレポートできる体制なんでしょうね。気になるのはモノ(家とか)など、そういう大きなものをテレポートできるのか、という部分ですが東京タワーを曲げることができる彼らならそんな難しいことではないかもしれませんね。
しかし火星なんかに超能力の楽園を作るとなれば、健常者からすれば憧れの的になりそうです。僕も瞬間移動で火星に行けるな火星に行けるなら間違いなく行くと思いますし。
まてよ……イメージができたら火星に行けるなら、イメージができたら宇宙の果てにも瞬間移動できるのでは……?
瞬間移動は宇宙の新発見に繋がること間違いないでしょうね。

参考文献リスト
恒例の(個人的に利用する)参考文献リスト

・「A」 マスコミが報道しなかったオウムの素顔

・職業欄はエスパー・増補新装版 差別の心理世界
差別の心的世界

差別の心的世界

・魔女狩りの社会史 ヨーロッパの内なる悪霊
魔女狩りの社会史―ヨーロッパの内なる悪霊 (岩波モダンクラシックス)

魔女狩りの社会史―ヨーロッパの内なる悪霊 (岩波モダンクラシックス)

テロリズムを理解する 社会心理学からのアプローチ
テロリズムを理解する―社会心理学からのアプローチ

テロリズムを理解する―社会心理学からのアプローチ

・ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか

【まとめ】
ギフテッドという超能力者がでてきてみんな混乱している話でした。
ざっと読んでギフテッド(颯斗など)がありとあらゆる困難に立ち向かっている、そんな人間ドラマなどより、個人的には民間人の愚民っぷりが特に印象深かったです。
特に村やんがギフテッドを集めて超能力開発ごっこをしている施設にマスコミがきて、代表をした(名前忘れました)男子が取材を受けたけど嫌味ある質問に逃げ出したシーン、あれは辛かったですね。あの注目されて質問責めにあって、どうしようもなくなく逃げてしまいたい気持ち、ああいうの分かるので。暴言を吐いてますが彼は十分に頑張ったと思います。
あとは颯斗とあずさの行方が気になりました。颯斗は生きているらしいからそこを踏まえて、颯斗はあずさをなんとかして欲しいです。恋の行方とかどうでもいいから、ゆっくりとこの事件など振り返るようなことになれば、いいですよね……。

広告を非表示にする