読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある書物の備忘録

読書家ほどではない青年が本の感想を書くブログ

はじめに

はじめまして。最初の記事はこのブログについて紹介文を書いてゆきます。
上の紹介には書いてませんが、ここはひきこもりしている僕が読んだ本の感想を書くブログです。
好きな物語の傾向は不思議な話や浪漫がある話です。しかし、小説に限らす多種多様な本を読んでいこうと考えています。
ひきこもりに本をぽんぽん買うお金なんてものはありませんから、本の調達源は主に図書館になります。
また管理人の知識が乏しく、作者の意図など理解できないことがあり、ときにはおかしなことを言っているかもしれませんが、そのときはそれが感想なのだと思って温かく見守ってください。

このブログの記事スタイルとして、二つの部に分けて書いていきます。

◯一部はその本の紹介です
ネタバレなどは控えるようあらすじを書くので、なにか本を読みたい人の参考になればと思います。
------(ネタバレあり)--------
◯二部は内容ネタバレを含む感想を書きます
内容について思うことや個人的な感想を書きますが、二部については本の内容を知っている前提で記事を書いています。

部の間に線(-----)を入れ、「続きを読む」も入れておきますので、それらを目印に一部二部を判断してください。
ネタバレを含む感想を読みたい人は読んでいいし、ネタバレを避ける人は避けてください。判断は任せます。
あと、思いついたこととして雑記も書くことがあります。

このブログの理想は、知らない本の紹介をしていたら実際に本を読んでいただき、もう一度このブログに来てネタバレありを読んでもらう、というものです。そっちのほうがこのブログをより楽しめると思いますが、もちろん僕がそう思うだけで自由ですよ。

あとここに紹介する本の選択基準は「気になったけど読まない本」になります。僕は本来、本を膨大に読む人ではありません。もちろん読書はするんですが、読書を普通にしているとついつい偏りがちになるんです。なのでこのサイトでは、「気になったけど読まない本」に注目し、「普段読まない本」を手に新境地を開拓するつもりで読書をし感想を書いてゆきます。
(そのことについては別雑記に書きました:物語を読んでブログに書く理由。 - とある書物の備忘録

今の更新頻度は【5の倍数日の早朝7:00】としています。(僕の予定や気分次第で変わります。頻度が変わったらここに追記します)

ゴールがないと駄目なタイプなので、200冊を目処に頑張ります。よろしくお願いします。

※「とある書物の備忘録」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

広告を非表示にする