とある書物の備忘録

読書家ほどではない青年が本の感想を書くブログ

パナマ文書 「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う

141冊目
ちゃんと税金払っていきましょうね

一時期話題になった「パナマ文書」が主題の本になります。

パナマ文書についてはテレビなどでご存知の通り、お金の流れなどが記された書類のことで、今回これだけ話題になった理由は「世界4位の法律事務所」「過去40年分という膨大な書類」「世界の富豪などが利用していた」など要因がありましたよね。

上の要因を見ているとわかるように、パナマ文書に記されていることは(タックスヘイブンしようが)別に違法ではなく、やや違法よりの節税方法といったところとがわかります。むしろ賢い方法だと言えるかもしれません。
ただそれでもここまで問題になっている理由もあり、その理由はこの本を読んでいれば「これは違法」という風に感じることができるでしょう。

この本ではパナマ文書によって動き出した日本と世界の動き、変わりつつある世界のシステムや取り組みなどを紹介していく本になります。
金融に対してそれなりに詳しい方だと「あぁ、あの事を言ってるんだな」という風な内容ですが、僕みたいにあまり詳しくない人からしてみれば「この文書がここまで大きな影響力を持っているのか」と驚く本になりました。


※ネタバレありと書きますが、今回も気になったところを挙げていこうと思います。

ーーーー(ネタバレあり)----

続きを読む

なれる!SE4 誰でもできる?プロジェクト管理

140冊目
ブラック感ある仕事系ライトノベル

桜坂工兵がスルガシステムに入社して4か月、7月になりました。
相変わらずの忙しなさに工兵は参りながら、上司の室見とともになんとかこなす日々を過ごします。

先日工兵自身がとった大型案件である業平産業との仕事も動き始め、ただでさえ忙しいのにすべてこなせるのか不安に思うそんなある日のこと、徹夜明けの桜坂と室見は社長に見つかり強制的にある案件のキックオフに参加することになるのです。

その案件とは、とある出版社の引っ越しのようで、引っ越しをするにあたっての機材移動、もっといえば向こうの物件の回線の整備、すぐに動き出せるような状態を作るというものです。
案件は幅広くすることがあるので、プロジェクトリーダーを中心に何社とも連携して行っていくそうでした。
工兵はそのミーテングに参加しながら、会社同士の情報交換があまりできてないことや、顧客自身がやる気がないことや、そもそも行う仕事の範囲が不明だとか、いきなりのぐずぐずっぷりが気になりましたが、それらを気にするほど体力が残っていませんでした。

社長がいるため余計な仕事を増やすかもしれないと工兵と室見がひやひやしながら待っていると、終わってみればどうにもWANルータの移設と確認作業という簡単な仕事のようで二人はホッとするのです。

ミーテングの方はうやむやに終わり、とりあえず仕事の範囲を決めたいということで、個別に打ち合わせをすることになりなります。
つまりミーテング延長ということになり、工兵は待ち時間やれやれと自動販売機に向かいます。するとさっきのPMを見かけます。本来なら他社と時間調整などの打ち合わせをしている時間だというのに、と工兵はPMに声をかけてみると、彼もまた無茶な要求に疲弊している一人だそうで、すでに欠落寸前の危ない雰囲気を醸し出しているのです。
かかわりたくない工兵は彼のもとから離れるのでした。

ほどなく、「先方の取締役に挨拶をするから同行しろ」と社長の指示を室見と工兵は受けます。
工兵と室見は呼び出された会議室に向かい、向こうの重役と社長が歓談しているのを眺めていると、その会話の途中、取締役に「例のPMが逃げた」という情報が入ります。
ひどく混乱する取締役の一方、社長は目を光らせます。この直後、工兵と室見はひどく絶望するのでした。


ーーーー(ネタバレあり)----

続きを読む

ビーバー族のしるし

139冊目
立場が違う二人の少年の出会い

ビーバー族のしるし

ビーバー族のしるし

主人公のマットは父とともに森で丸太小屋を作っていました。
父が買ったというこの森で「家族とともに暮らそう」と共に夢を見ながら、父息子そろって汗を流します。

やっとの思いで小屋が完成したころのこと、最後の段階……もっといえば一番大切である「母親と娘を呼びに行く」という段階にさしかかります。畑などがある小屋は誰か面倒見ておかなければならず、父が家族を呼びに行くためマッド一人でこの小屋を、ほかに誰もいないようなこの森で一か月ほど維持していかなければなりません。

「インデアンがいるかもしれないから、会ったら礼儀正しくするんだよ」
白人とインデアンの争いが終わった直後の時代、白人という存在を恨んでいるインデアンは少なくありません。そんな人たちがいるかもしれない森にマットはたった一人で自給自足しながら父親と家族の帰りを待つことになるのです。


ーーー(ネタバレあり)----

続きを読む

堕落論

138冊目
開放されて堕落して

堕落論

堕落論

坂口安吾さんによる『堕落論』という作品になります。

読んでて思ったのですが、これは一種のエッセイでありブログみたいな内容だという印象を受けました。その内容についてあらすじ的なものを書こうと思えば書けるものの、なんというか「これは実際に読んだほうがいい」と思ったのであらすじは端折ろうかなと思います。

この本、あまり文量も多くないですし、すぐ読み切れると思うので興味がある方はさくっと読んでみてはいかがでしょう。(青空文庫Kindleなどで無料で読めます)

----(ネタバレあり)----

続きを読む
広告を非表示にする

アミターバ―無量光明

137冊目
死へ向かう朗らかな女性と

主人公の私は肝臓の難しい箇所にガンを患います。

もう治ることのないような、そんな難しい箇所にできたガンをなんとなく彼女は知りながら「治してみせる」と気丈に言ってみせたり、訪れた人に冗談を言ったり、とくに人生に絶望したわけでもなく、楽しげに病院の生活を続けていました。
ほぼ毎日のようにやってくる娘の小夜子、たまについてくる娘の旦那である和尚の慈雲、まれにやってくる腹違いの息子の富雄、お世話になっている医師の人たち、など彼女のもとに訪れて会話をします。彼女の性分か、周りの人よりも彼女のほうが明るいということもあるのでした。

ただ彼女はどんどんと衰退していきます。
そんな中で彼女は不思議な経験をするのです。よくわからない幻覚を見たり、過去を思い出すことが多くなったり、夢に実感が湧くようになったりなど、彼女はそれらを新鮮に驚きながら慈雲に問いかけます。慈雲も普段持っている問いかけとともに、たわいない雑談がごとく「死」について話し合うのです。



----(ネタバレあり)----

続きを読む

なれる!SE3 失敗しない?提案活動

136冊目
ブラック感ある仕事系ライトノベル

終電帰宅は当たり前、そんなブラックシステムエンジニアになった桜坂工兵がスルガシステムに就職してから3か月が過ぎようとしていました。
仕事に慣れてきたとは言えないものの、なんとかギリギリのところをなんとかこなします。

そんなある日のこと、工兵は職場に自分一人しかいないことに気がつきます。
職場に1人という開放感に飲まれながらも、工兵は黙々と仕事をこなしていると、ややあって社長が現れます。工兵は困惑しながらも社長と雑談すれば、社長は熱を帯びながら「仕事とはなんだ」という問いかけを語りだします。
次第に工兵も熱くなってきて、社長も工兵に「可能性を広げてみないか」と持ちかけます。「プロジェクト管理! コンサルタント! プリセールス!」など単語を並べます。工兵は意気揚々と「いいですね!」と頷きます。
すると社長は「そんな君に丁度よい話があるんだが…」と話し始めるのでした。

やがて帰ってきた上司である室見が工兵の異変に気がつきます。
「どうしたの」と室見が聞くと、つい前にあった頼まれ仕事「(仕事を受けるため)提案活動をしてくれないか」を室見にいいます。室見はため息をしました。
本来ならスルガシステムの全営業は社長が行っています。ただ今回の案件は提案前にて社長による不正が行われ、相手の会社から社長は出禁を言い渡されていたのです。

工兵は絶句しながら今後のことを考え始めるのです。


----(ネタバレあり)----

続きを読む